-環境フェスタin太宰府-「まほろばのもり」
by dazaifu-forest
プロフィールを見る
画像一覧
まほろばのもり2009~2011
ブログパーツ
カテゴリ
全体
お知らせ
雑記
イベント概要2009
イベント概要2010
実行委員会2009
実行委員会2010
プランニング・テーブル2009
プランニング・テーブル2010
プランニング・テーブル2011
関係資料2009
関係資料2010
野外コンサート出演者2009
野外コンサート出演者2010
野外コンサート出演者2011
企画紹介2009
企画紹介2010
企画紹介2011
参加団体リンク2009
参加団体レポート2010
参加団体レポート2011
太宰府打ち水大作戦2010
太宰府打ち水大作戦2011
アクセス
未分類
以前の記事
2012年 06月
2012年 02月
2012年 01月
2011年 12月
2011年 11月
2011年 10月
2011年 09月
2011年 08月
2011年 07月
2011年 06月
2011年 05月
2011年 04月
2011年 03月
2011年 02月
2010年 12月
2010年 11月
2010年 10月
2010年 09月
2010年 08月
2010年 07月
2010年 06月
2010年 05月
2010年 04月
2010年 03月
2010年 02月
2009年 11月
2009年 10月
2009年 09月
2009年 08月
最新の記事
「まほろばのもり」ブログが移..
at 2012-06-29 18:17
「まほろばのもり2012」動..
at 2012-06-26 17:54
【No.33】福岡テンジン大..
at 2012-02-07 11:46
【No.27】石窯ピザHAN..
at 2012-02-07 10:20
【No.29】九州情報大学相撲部
at 2012-02-07 10:16
最新のトラックバック
10/30環境フェスタi..
from 子どもの家~カーチャンチ~
検索
その他のジャンル
ファン
記事ランキング
ブログジャンル
画像一覧

<   2012年 02月 ( 6 )   > この月の画像一覧

【No.33】福岡テンジン大学・課外授業(連携企画)

連携企画の「福岡テンジン大学・課外授業」の様子はこちらでレポートされています。
授業レポート「悠久の歴史都市「太宰府」を知ろう!~歴史と自然に触れる旅~」
[PR]
by dazaifu-forest | 2012-02-07 11:46 | 参加団体レポート2011

【No.27】石窯ピザHANJING

「まほろばのもり2011」参加企画レポート
■団体名 石窯ピザHANJING
■文責者 宗 允耶

初めての参加にして雨!!
ハンジィングが企画したのはまほろばの森に落ちている薪を拾ってピザを焼こう!でした。
しかし生憎の雨。

濡れている薪では燃えにくく、煙が多いことから企画を断念するしかありませんでした。当日は事前に用意していた薪でピザを焼くことにしました。ぬかるんだ森の中にハンジィング号をセットするのに30分くらいかかり、セットし終えると参加者の皆様が滑らないように泥々になった足元をビニールシートを使いスッタフの皆であーでもないこーでもないといいながら知恵を出し合い整地をしました。雨の中じゃないとできなかった作業で子供の頃にやった泥遊びに似た感覚でした。

会場の一番上に出店していてぬかるんだ足元で買いに来づらい場所にも関わらずハンジィングの元に沢山の参加者の方がきてくれました。子供から大人の方まで、車に載っている石窯でピザを焼くところを身を乗り出して見てもらって「凄いですね」「ありがとう」「美味しかった」の最高の言葉をかけてもらいスッタフ一同、感謝の気持ちでいっぱいです。そして、次回こそは晴れの日の開催で企画を成功させスタッフ皆で話し合い知恵を出し合い今回よりも皆様に喜んでもらい楽しめたらと考えています。
e0194714_10195973.jpg

[PR]
by dazaifu-forest | 2012-02-07 10:20 | 参加団体レポート2011

【No.29】九州情報大学相撲部

「まほろばのもり2011」参加企画レポート
■団体名 九州情報大学相撲部
■文責者 井上 直樹

私たち九州情報大学相撲部は今回で2度目の参加でしたので、昨年と同じく地元で作られた野菜を使ってチャンコ鍋を作ろうと考えました。そして、チャンコ鍋を通じて考えて貰いたいことは…

・地域産の野菜を使ってフードマイレージを減らすこと
・マイ茶碗やマイ箸の持参促進
・食べ残しがないように作ること

の三つについて考えて貰おうと思いました。

そのために地域産の白ネギやシメジ等を使い、あらかじめ下準備をして当日の極力生ごみを減らすようにしました。また、マイ茶碗やマイ箸を持ってこられた方は器の大きさに応じて割引をさせていただきました。そして、環境に一番肝心な事である、汁まで飲み干して貰う為においしく作ろうと頑張りました。しかし、今回はあいにくの雨で来てくれる人も少なく昨年のようにはうまくはいきませんでした。それに、他の皆さんに迷惑ばかりかけてしまいました。今回は色々と考えることも多く皆さんに迷惑ばかりかけてしまいましたが、来年も参加が出来るのであれば今回の経験を生かしてより一層頑張りたいと思っています。
e0194714_1010833.jpg

[PR]
by dazaifu-forest | 2012-02-07 10:16 | 企画紹介2011

【No.21】「森とあそぼう!つながれあそびの輪」/太宰府子ども劇場

「まほろばのもり2011」参加企画レポート
■団体名 太宰府子ども劇場
■企画名 森とあそぼう!つながれあそびの輪
■文責者 児嶋

子ども劇場って、劇をしたり、観たりするとこ?そんなの興味ないし…。という声がよく聞かれます。そんなことはありません。まほろばのもり2011に参加するにあたり、想像力を育むためにプロの劇や音楽の舞台鑑賞と子どもたちの自主活動を大人も子どもも力合わせて創り続けています。このことを発信していこう、そして、何よりも森を中心に人と人がつながるこの空間がすてきってことを伝えていきたいと考えました。
e0194714_10133994.jpg

「森と手をつなごう」のテーマのもと、年間通して自然を活かした遊び・キャンプ活動をし続けている活動紹介や、森の葉っぱや枝から発展する遊びや子どもたちがつくる合言葉ゲーム、人形つくりを計画しました。

あいにくの雨のため、葉っぱや枝を持ってきての遊びはできませんでしたが、写真展示による活動紹介と “かくれ家お座敷風工作ひろば”での人形つくり、合言葉ゲームには子どもたちが遊びに来てくれていました。
「もりはともだち」→「未来へつなごう」と「雨っていいな。」→「かさもポンポロリン」という合言葉に、雨も恵みだっていう当たり前のことを子どもたちからあらためて教わりました。人形つくりもウレタンをカッターやはさみで細かく削って上手に出来ていましたね。

自然の中で想像力をふくらませ、何かを創造していく力があちこちで発揮されていました。その中で、言葉をかけ合う人と人がつながっていった2011まほろばのもりに抱かれた私たちも幸せ感いっぱいになりました。ありがとうございました。
e0194714_10125549.jpg

[PR]
by dazaifu-forest | 2012-02-07 10:16 | 企画紹介2011

【No.30】ケンジーズドーナツ

「まほろばのもり2011」参加企画レポート
■団体名 ケンジーズドーナツ
■文責者 上杉 健治

ケンジーズドーナツは博多駅近くの小さなキッチンで毎日朝早くから心をこめた美味しいドーナツを作っています。

今回、まほろばのもりに参加するに当たってのうちの企画は「ドーナツの使用済みの揚げ油で発電!」というものです。ドーナツを揚げた後に出る廃油を使って発電機を回し、その電気を供給し、おいしいコーヒーを淹れたり、ドーナツの販売に役立てました。

普段よりドーナツの運搬車両には、発電機を回したのと同じようにドーナツの廃油をガソリン代わりに利用したり、年間の売上1%を地球環境保護団体に寄付する「1%FOR THE PLANET」のメンバーに加入する等エコな活動を心がけております。この日ももちろんドーナツの揚げ油で車を走らせ、博多から太宰府までドーナツをのせてやってきました!
e0194714_102950.jpg

当日はあいにくの悪天候ではありましたが。たくさんのお客様にドーナツを「おいしい」と食べていただきました。揚げ油での発電、運搬車両の走行についても、たくさんの方が驚かれたり、感心されていたり、話を聞かせていただいたりと、こちらも勉強になりました。どうもありがとうございました。これからも日本一エコでおいしいドーナツを作り続けていきたいと思います。
e0194714_1024631.jpg

[PR]
by dazaifu-forest | 2012-02-07 10:04 | 企画紹介2011

【No.20】「魔法のコンポストで、めでよ花々」/太宰府古材の森&NPO法人環境共生サポート・エコとも

「まほろばのもり2011」参加企画レポート
■団体名 太宰府古材の森&NPO法人環境共生サポート・エコとも
■企画名 魔法のコンポストで、めでよ花々
■文責者 泉 美峰

環境フェスタに初回から参加させていただき、色々と関わらせてもらい今回3回目となりました。昨年までは、私達が取り組んでいる「空き箱コンポスト」についての紹介、コンポスト講習会、アフターフォロー等を行ってきました。がコンポストでできた堆肥の使い方をよく尋ねられるので、今年はちょっと目先を変えて堆肥を使った寄せ植えを行い、堆肥についての話を太宰府古材の森の牧田さんより行う様に企画しました。寄せ植えの持ち帰りは、重いので大変かな?とは思いましたが、小さな鉢にしてできるだけ軽く又、持ち帰りやすいようにそれなりに考えました。堆肥の素晴らしさを体験してもらい、コンポストへの関心がなかった方も取り組んでもらい、ゴミの減量に繋ぐ事ができたらと思い企画しました。
e0194714_9564144.jpg

[PR]
by dazaifu-forest | 2012-02-07 09:58 | 参加団体レポート2011